西東京市芝久保町の呼吸器内科 内科 アレルギー科 ますだ内科クリニック|長引く咳 乾いた咳 痰 喀血 痰に血が混じる 花小金井 田無

西東京市芝久保町の呼吸器内科 ますだ内科クリニック

西東京市芝久保町の呼吸器内科 内科 アレルギー科 ますだ内科クリニックの受付時間は(月・火・木・金)9:00~12:00 14:30~18:00 土曜日は9:00~13:00まで 休診:水曜日、土曜午後、日・祝

西東京市芝久保町の呼吸器内科 内科 アレルギー科 ますだ内科クリニックは2021年5月に新規開院いたします

西武バス吉64
「北芝久保」バス停目の前

喀血(かっけつ)・血痰

吐血と喀血の違い

「吐血(とけつ)」と「喀血(かっけつ)」の違いはご存知でしょうか。

吐血は食道や胃などの消化管からの出血です。

咳や痰を伴い肺から気管を伝って出血するのが喀血です。

血はほとんどの場合が体循環系の動脈血ですので真っ赤な鮮血を呈します。

喀血の原因

喀血の原因は様々ですが、肺非結核性抗酸菌症や肺アスペルギルス症などの慢性的な感染症が原因で生じるものが半分、気管支拡張症といって気管支に炎症を起こし気管支が壊れて生じてくるものが4分の1を占めます。

いずれの疾患も気管支や肺に炎症が及ぶことで、気管支を取り巻いている気管支動脈などが切れて、気管支の中に真っ赤な鮮血が出血して喀血に至ります。

治療

喀血は大抵の場合は止血剤の内服や点滴を行って一時的に出血が止まります。

カテーテルによる治療

止まらない場合はカテーテル治療を行います。

股の付け根の大腿動脈という血管の中にカテーテルを入れて、出血している肺の血管(おもに気管支動脈)までカテーテルを到達させます。

このカテーテルの中にさらに径0.8mmほどの極細のカテーテルを入れて、肺の中で出血している一番近い所までこの極細のカテーテルを到達させます。

そして切れて出血している血管だけを選択的に金属コイルによる詰め物をして出血を止めていきます。

カテーテル治療は当クリニック院長が毎週水曜日に国立病院機構東京病院肺循環喀血センターで行っていますので、安心してご相談ください。

呼吸器内科
気管支炎
肺炎
気管支喘息
咳喘息(長引く咳)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
喀血(かっけつ)・血痰
肺非結核性抗酸菌症
SAS(睡眠時無呼吸症候群)
花粉症、アレルギー性鼻炎
禁煙外来
総合内科
総合内科とは?
風邪
インフルエンザ
高血圧症
脂質異常症
生活習慣病
糖尿病
高尿酸血症
逆流性食道炎
骨粗しょう症

このページの先頭へ戻る