ますだ内科クリニック|呼吸器内科 西東京市 芝久保町 花小金井 田無

ますだ内科クリニック|西東京市 芝久保町 花小金井 田無

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

タバコの煙により発症

COPDは長期間のタバコ喫煙が原因でおこります。

タバコの煙が慢性的に気管支に炎症を引き起させ、ゆっくり時間をかけて病状が進行していき、肺が壊れていきます。

以前は肺気腫とか慢性気管支炎と呼ばれていました。

たとえて言うと正常な肺はスポンジです。
肺気腫はお風呂で使うヘチマのように中が壊れてスカスカになった状態です。

現在日本でのCOPDによる死亡者数は年間2万人にのぼり死因の第8位となっています。

症状は咳や痰が増えてきた、動いたときの息苦しさが増えてきた、以前より歩くのが遅くなったなど、これらがCOPDに特徴的な症状です。

治療について

治療の第一は禁煙です。そして気管支の慢性的な炎症を抑え、狭くなった気管支を拡張させるための吸入薬を用いていきます。

それでも苦しさが進行した場合は精密検査ののち酸素吸入が必要になります。

過去に喫煙されていた患者さんの多くの方は知らず知らずのうちにCOPDになっていることが多いので、現在禁煙ができていてもこのような症状を自覚したときはお知らせください。

自覚症状のないCOPDでも風邪や気管支炎や肺炎を繰り返していく度に呼吸の機能が著しく低下していきます。

予防接種や早めの受診を心がけましょう

早めの受診によりCOPDを早期に発見し、自己管理を適切に行うことでCOPDの増悪を予防し、増悪を予防するためにインフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンを定期的に接種することが必要です。

このような症状があればご相談を

これらはCODPに特徴的な症状です。

禁煙ができていてもこのような症状を自覚したときはお知らせください。

禁煙外来もご利用ください

禁煙することは大変なことですが、禁煙外来を行っておりますので、おひとりおひとりにあった禁煙プランでサポートしていきます。